トンボ カモ コイ このような多くの生き物が都内有数の(以下略)
大変涼しげですね。
なおこの目白庭園には、
児童文学誌「赤い鳥」の主宰者である鈴木三重吉ゆかりの建物が保存されています。
 赤鳥庵 鈴木三十吉といえば、なぜか漱石に文鳥を飼わせようとして、長々と話をし、漱石が飼うことを
決めたらにやにやと笑みをうかべる人物であり、そのくせ金を渡したのに、
家に来てはずーっと女の話ばかりしており、半年ほど経ってからやっと文鳥をもってきたくせに、
なぜか得意顔をしているという謎に満ちた人物でもあります。 なにはともあれ、ふと自然をみたくなったらこの庭園にくれば間違いないでしょう。
夏でも涼しげに流れる滝や池はすさんだ心を癒してくれること間違いないでしょう。 ふらりと散歩するには大変よいスポットだと思います。 次回は、
「挑戦!!目白地獄の坂めぐり編Part1」をお送りします。 それではまた。 (writer : ウィークエンド小清水)
ご覧ください。
これが、高田馬場と池袋という、都内有数の(うるさい)歓楽街に挟まれた土地に見受けられるのです。 このような自然豊かな場所には当然ながら、多くの生き物が息づいています。

Copyright (C) 2013-2014 めじろおし!運営委員会 All Rights Reserved.